栗だけ団子
好評販売中

"おいしさ"に自信があります。

栗だけ団子が販売開始

前年16,000個以上を売り上げた当店の大人気商品「栗だけ団子」が9月5日(土)より販売スタートします。

昨年度より道の駅水辺プラザかもとで販売した「栗だけ団子」は、テレビや雑誌に取り上げられ、あっという間に大人気の和菓子となりました。

その「栗だけ団子」がどのような団子なのか、どこにこだわりがあるのかを説明させていただきます。

素材はすべて山鹿市産の栗

熊本県山鹿市は日本有数の栗の生産地。生産量では西日本を誇る熊本県の中でも、特に栽培量が多い土地です。

山鹿の栗栽培は昭和36年、果樹振興法により重点果樹に指定されたことがきっかけで盛んになりました。

中山間地の多い山鹿市は栗づくりに適した土地。阿蘇山の恵みを受けた赤土の大地はミネラルが豊富でおいしい栗が育ちます。

さらに、自然で磨かれた清浄な水が潤沢にある山鹿市は、栗栽培にとって大変恵まれた土地といえます。

道の駅水辺プラザかもとに出る栗

道の駅水辺プラザかもとでは8月下旬になると、山鹿産生栗の販売が始まります。

品種は丹沢から始まり、杉光、ぽろたん、筑波、銀寄、利平、国見、美玖里などが切り替わりながら出品。

直売所には山鹿で栽培された上質な栗を農家が直接持ち込んで販売しております。

栗の品種はそれぞれ特色があり、皮のをむきやすいぽろたんや、大人気の品種である銀寄、利平などどれもとてもおいしいです。

当店は農家と直接コミュニケーションを取りながら、おいしい栗、上質な栗を出していただいています。


水辺の新名物「栗だけ団子」

道の駅水辺プラザかもとでは9月上旬になると、道の駅水辺プラザかもと名物の「栗だけだんご」がスタートします。

地元和栗を使って丹念にこしらえた栗餡をたっぷりと使用し、団子生地で包んで蒸かした、栗の名産地ならではの逸品。

あずきを餡を一切入れず、栗餡だけを贅沢に使用しているのが「栗だけだんご」のこだわり。栗のおいしさが凝縮したようなおいしさが自慢です。

栗を知り尽くした地元のおばあちゃんが一つ一つ手作りで愛情たっぷり作り上げました。